年代別のトレーニング目安

30歳~

 

筋力・・・・・・・まだ若く筋力の向上も早いです

柔軟性・・・・・柔軟性が落ちている方でも続けることで改善します

機能障害・・・腰痛、肩痛の改善もすぐに効果が現れます

その他・・・・・食事の基礎知識を習得して障害健康の基盤を作ります


 

40歳~

 

筋力・・・・・・・運動するかしないかで大きく見た目にも差が出てくる年代です、もちろん効果は早いです

柔軟性・・・・・怪我の予防、肩腰膝痛などの予防為にも柔軟性はかなり重要です

機能障害・・・人によっては病気、膝や腰に痛みの症状が出てきますが改善と強化は可能です

その他・・・・・食事の改善が必要な方が多い年代です、これだけでも効果は大きいです


 

50歳~

 

筋力・・・・・・・徐々に強度を上げたら普通に筋力トレーニングしっかりできます。筋力は100歳でも発達するというエビデンスがありますので、食事、運動、生活習慣の改善で奇跡的な身体も可能です

柔軟性・・・・・硬くなってしまっている方がほとんどです、柔軟性の改善だけでも大きな健康的変化が得られます

機能障害・・・どこかに痛みをもている方が多くいますが、諦めるには早い年代です、改善も可能です

その他・・・・・生涯健康でいられるように食事と運動の習慣をつけてこの年代は生涯健康の為の習慣と基盤をつくります


 

60歳~

 

筋力・・・・・・・軽い筋力トレーニングを毎回少しずつ、いつの間にか50代よりも動ける身体になっています

柔軟性・・・・・柔軟性は年齢関係なくしっかりできますので、ストレッチで血流促進させ身体の体調を整え身体を軽くします

機能障害・・・機能の障害は諦めずに改善に向かう努力とこれ以上痛みを増やさないようにケアをしていきます

その他・・・・・食事も楽しみつつ一週間のバランスを考え体重をこまめにチェックしながら少しずつ健康的な身体に戻します


 

70歳~

 

筋力・・・・・・・体操からはじめ筋力トレーニングも徐々に取り入れ60代のレベルまで戻します

柔軟性・・・・・関節の可動域を改善し80歳でも健康でいられる準備をします

機能障害・・・機能の障害は諦めずに改善に向かう努力とこれ以上痛みを増やさないようにケアをしていきます

その他・・・・・簡単な運動をリズムをつけたり頭を使うことを入れることで(ディアルタスク)脳の体操も行います


 

80歳~

 

筋力・・・・・・・あきらめていませんか? 最初はストレッチ中心で、少しずつ簡単な体操をはじめます

簡単な体操でも姿勢改善、歩行能力改善など大きな効果得られます

柔軟性・・・・・マッサージを中心に膝、肩、肩甲骨、腰、股関節などを少しずつストレッチいたします
とても大きな改善効果が得られます

機能障害・・・この年代はほとんどの方が何かしら身体の悩みを持っています、お話しながら少しでも改善できるように施術します

その他・・・・・簡単な運動をリズムをつけたり頭を使うことを入れることで(ディアルタスク)脳の体操も行います

 

※年齢だけではなく、皆様の特徴、目的、体力レベルによって個々に内容は違いますが大まかな目安としての内容です。

 

知っておきたい老化の3大要素とその対策

出張派遣パーソナルトレーナー,世田谷区,目黒区,渋谷区,港区,新宿区,千代田区

健康を損なう理由はいくつかありますが、主には心臓病、脳血管障害、糖尿病、骨粗しょう症などあります。
特に糖尿病は生活習慣行や癌、認知症の発生リスクもかめますので非常に怖いです。
こうしたの病気は加齢による身の老化が主な原因です。
 
 
老化の原因 三大要素
 
① 活性酸素による酸化
 
② タンパク質の糖化
 
③ ホルモンの分泌変化
 
 
活性酸素による酸化とは?
体内でエネルギーを作るときに出るサビです。

これが細胞を傷つけてしまいます。
対策:食事の改善
 
我々の仕事⇒まずカウンセリングと日々のセッションで習慣の見直しと日常生活の習慣を建て直します。
喫煙、暴飲暴食など活性酸素を増やす習慣を改めます。
 
 
タンパク質の糖化とは?
糖によってタンパク質が変化し細胞を傷つけます。
その結果細胞や酵素の働きが悪くなり機能低下につながります。
対策:糖をたくさん摂取しない。
身体の糖を消費させる
こげた物を食べない 等々
 
我々の仕事⇒まず食事や栄養の知識を日々のセッションでご指導いたします。
セッション10回以上など徐々に運動習慣がついたら、食事法の資料もお渡し本格的に身体改善開始です。

また、身体の糖質や志望を燃焼させるトレーニングと適度な筋トレで基礎代謝を上げ糖質を燃焼しやすい身体にします。
 
 
ホルモンの変化とは?
若さを保ち免疫力を維持するDHEA(デヒドロエピ アンドロステロン)の減少
筋力の維持にかかわる男性ホルモンの減少(男性ホルモンは女性にも少しあります)
メラトニン、セロトニンなど睡眠に関するホルモンの分泌の減少
などが老化やストレスにより起こります。
対策⇒ストレス解消と睡眠をしっかりとる(7時間がベスト)
 
我々の仕事⇒ 適度な運動によりストレスの解消の効果は抜群です。
夜もよく眠れるようになります。
 
 
これらの現象は生活習慣を見直すことでかなり進行を遅らせられます。
活性酸素には抗酸化物質や細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)の材料となるタンパク質や亜鉛を含む食材を取る

喫煙や暴食、激しすぎる運動は老化の原因です。
急激なダイエットも活性酸素の観点からではマイナスです。
 
こういったことを考慮して運動プログラムを組み生活や人生の質を向上していきます

%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

問い合わせ